Skip to content

テレビを壁掛けする時に気を付けること

最近はテレビが非常に薄くなり、壁掛けテレビにして部屋のスペースを有効に使おうという人が増えています。また、壁掛けテレビにすることでまるで映画館のような雰囲気を味わうこともでき、その雰囲気を味わいたい人にとっては非常に良いものとなっています。
しかし、テレビを壁掛けする時に気を付けなければいけないことがいくつかあります。一つは、取り付ける壁の強度です。外見が薄いテレビとはいえその重量は10kgから大きなものになると20kg近くなることも有ります。最近の家の壁は殆どが石膏ボードで出来ているためその重量に耐えきれないことが多いため、取り付けるテレビの重さを考慮した補強が必要な場合が有るのです。
さらに、取り付ける位置により見え方が変わる上、長時間見ることが多い場合などは見る姿勢などとその位置が疲労度にも大きく影響してくるので、十分に注意することが大切です。さらに、位置によっては光の反射などで見えにくくなってしまうことも有るので、取り付ける場所には十分注意したいものです。

また、テレビは電源ケーブル、アンテナ線など様々なケーブルが接続されるので、そのケーブルの配線も十分に注意したいものです。ケーブルの配線を 美しく処理しないと、せっかくの壁掛けテレビの美しさが台無しになってしまうので注意が必要です。
壁掛けテレビは壁にテレビが埋め込まれているような美しさとすっきり感がありますが、一度取り付けてしまうと移動することができないため、取り付ける位置には十分注意して取り付けることが大切です。